忍者ブログ

プロジェクトの活動報告・イベント案内など

茨城大学地質情報活用プロジェクトのブログ

カテゴリー「ジオツアーの案内・報告」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/5 高萩ジオツアー

前回の常陸大宮ジオツアーに続き、今回は高萩花貫渓谷)のジオツアーです。

(1)花貫ふるさと自然公園センター

こちらに集合。
花貫渓谷ジオサイトの案内板や茨城県北ジオパークに関する資料の展示を行なっています。

(2)名馬里ヶ淵
ふるさと自然公園センターから徒歩約10分、名馬里ヶ淵(なめりがふち)に到着。
この淵には、奇怪な行動をする馬をこの淵に沈めたら、急に空が暗くなり、風雨が続いて川下の野々平が流されてしまったという伝説があります。


(3)めがね橋
花貫川第一発電所第3号水路橋、通称「めがね橋」は、大正7年に花貫川を堰き止めてつくられたもので、当時最先端の技術も用いられていました。国指定の有形登録文化財です。

(4)花貫ダム

重力式コンクリートダムで、日本で数少ない「海が見えるダム」です。当日はちょっと霞んでいましたが…。

(5)コクリコ
レストランコクリコにて食事&意見交換会を行いました。
インタープリターブラッシュアップ講習会の修了証も授与。
今後のインタープリターの連携や茨城県北ジオパークの展望などを話し合いました。

(6)菊池寛実記念高萩炭礦資料館

高萩は炭礦の町として発展してきました。その歴史を身近に感じられる資料館が今年5月にオープンしました。
「山は一家なり」と呼ばれるほど、炭礦の町は一つで、学校や診療所、駐在所や浴場、プールや劇場といった娯楽施設までなんでも揃っていたそうです。

そんな深い自然と歴史を感じられた一日となりました。
(古川)
PR

7/22 常陸大宮ジオツアー

久しぶりの更新となりました。

茨城県北ジオパーク・インタープリターブラッシュアップ講習会が今年も開催されています。

その実習の一環として、7月22日(日)に常陸大宮ジオツアーが開催されました。
茨城大学地質情報活用プロジェクトのメンバーも、補助として参加しました。

(1)辰ノ口親水公園

こちらに集合。

(2)竜ノ口展望台


辰ノ口展望台から、大宮段丘の様子が一望できます。
段によって異なった土地利用がなされています。

(3)丸山採石場

地層の重なりの様子や断層の様子を間近で観察できます。

(4)ステゴロフォドン発掘現場
2011年12月、常陸大宮市の道端の露頭から、ステゴロフォドンが発掘されました。
太古の記録が発見されたまさにその場所の採掘後の様子を観察しました。

(5)西之内和紙

今に残る和紙の紙漉きの見学を行いました。

(6)根本酒造
灯台下暗し、歴史ある酒屋さんに立ち寄り、この地で生まれた美味しいお酒を嗜みました。

(7)山方物産館
最後におみやげなども見ながら、ツアー終了です。

常陸大宮は"目玉"になるようなものがない。しかし、酒蔵でお酒を買っていったのは茨城県民。そんなツアーから、灯台下暗しの県内の人向けに地元を再発掘するツアーもいいのかな、など准教授と話しました。


企画してくださりました、常陸大宮班のみなさん、並びに、ツアー参加の皆様、お疲れ様でした。
(古川)

体験交流モデルツアー in 常陸太田

約3か月ぶりの更新になりました。お久しぶりです。


さて、3月27日(火)、体験交流モデルツアーin常陸太田に参加してきました。
私達プロジェクトは、中野区の小中学校の校長先生や教育委員会の方々に、常陸太田市で見つかった5億年の地層、竜神峡とその地質について、お話させていただきました。


午前中は5億年前の地層を訪れました。5億年前であるカンブリア紀が一体どのような時代だったのか、当時この常陸太田市がある場所はどのような環境だったのか、お話しました。
5億年前と聞いても、あまり実感できないですね。実際、私も大昔の年代など大きい数になると、体験したことが無いのでイメージがわきません。
ただ、恐竜が生息していた頃は、約6500万年前~2億年前であったので、5億年前の地層は恐竜がいた頃より昔になります。先生方も、「かなり古いんだねー」と驚かれていました。

DSCN2764blog.JPG












午後は竜神峡に移動しました。ここが約1500万年前に海中であったこと。その中で生まれた火山体が、竜神峡周辺に広がっていることをお話ししました。遊歩道脇では実際に石を観察し、海水で冷やされてバリバリに割れ、観察したような角が尖った石が見られることなどを説明しました。

また、常陸太田市の特産品になっている「そば」や「凍みこんにゃく」が、この地域の地質や、常陸太田市を横断する「棚倉断層」と密接な関係にある、という話には、皆さん楽しんでもらえたようで、説明した私も非常に嬉しかったです。

DSCN2830blog.JPG











また、昼食には常陸太田市地域おこし協力隊と地元のお母さんが企画・作成した「里美御膳」をいただきました!
この御膳、全て常陸太田市で採れた食材で作ったそうです。今回いただいた御膳は「~はるのあしおと~」という名が付けられていました。ふきのとうの天ぷら、桜のゼリーなど、食べるのが勿体ない料理ばかりでした(しかし、とても美味しく、おかわりまでいただいてしまいました)。
DSCN2816blog.JPG

DSCN2819blog.JPG


















私は茨城に来て6年経ちますが、また新たに県北の良い場所を見つけることができました。まだまだ隠れたジオや名所がありそうですね!

皆さんも是非、常陸太田市の竜神峡や食事処に足を運んでみてください。
(小畑)
 

新年あけましておめでとうございます!

プロジェクトリーダーの花川です。昨年は痛ましい災害が起こり悲しい年でした。今年は楽しく、明るい一年になることを願います。
 
 
ところで、最近とっても寒くなりましたね。外に出るのも億劫な方も多いのではないでしょうか。そんなあなたにちょっと良いお知らせを。
 
 
今年は辰年ですね!辰と言えば竜。竜と言えば・・・そう、滝!!
皆様待望のYouTubeジオツアー第二弾のご案内です!今回は皆様からの要望の多かった袋田の滝ジオツアーです。

☆ツアー概要☆
茨城県北ジオパークのYouTubeジオツアーです。今回は地元のインタープリターの方々とともに、大子町袋田の滝の成り立ちとそこに生きる植物についてご紹介します。
観光地としてもよく知られる袋田の滝はかつて水中火山でした。長い年月をかけて地殻変動により地表に現れ、現在の雄大な滝となりました。
茨城県北の豊かな大地の物語を私たちと一緒に体験していきましょう!
 
年初めはこたつでぬくぬくしながらジオツアーを楽しんでみてはいかがでしょうか。
(花川)

☆YouTubeジオツアー配信開始!☆

最近すっかり寒くなりましたね。プロジェクトリーダーの花川です。秋といえば食欲の秋!明日からは茨城大学の学園祭「茨苑祭」が始まります。当プロジェクトもたこ焼き屋さんをやるので是非食べに来てください。
 
そしてたこ焼きを食べておなかいっぱいになった後はネットでジオツアーなんていうのも素敵ですね。県北ジオパークではUSTREAMジオツアーに続きYouTubeを使って新たな情報発信を行っています。
 
☆YouTubeジオツアー配信開始!☆
 
これまでUSTREAMで配信していたジオツアーの様子を、より皆様が見やすいようにYouTubeから配信します。いつでも、どこでも、インターネットを通して茨城県北ジオパークの魅力を知ることができます。まだ番組数は少ないですが、今後さらに数を増やしていくので要チェック!
YouTubeジオツアー第一弾は高萩市花貫渓谷と常陸太田市竜神峡のジオツアーです。この動画は先日の日本ジオパークネットワークによる茨城県北ジオパークの現地審査の際も上映されました。
 
花貫渓谷ジオツアー
花貫渓谷一帯は地下深く造られた花こう岩という岩が、地殻変動によって地上に現れています。その花こう岩を侵食してできたのがV字谷です。ジオツアーではV字谷がなぜできたか、またそこで生まれた幻想的な神話の物語と3.11の大震災の爪痕を現地のインタープリターの方々のご案内でお送りします。
 
竜神峡ジオツアー
常陸太田市竜神峡一帯はかつて海の底にあり、そこでは海底火山が噴いていました。時は流れ、雨風が大地を削り雄大な谷を造り現在の竜神峡となったのです。ジオツアーでは水中火山の特徴的な噴出物を主軸に、竜神峡に生きる鳥や植物たち、また付近で盛んな蕎麦栽培など様々なトピックを現地のインタープリターの方々のご案内でお送りします。
 
*YouTubeの検索窓に(茨城 ジオツアー)と入力してもでてきます。
 
茨城県北ジオパークの雄大な自然を是非堪能していってください!
(花川)

地質情報活用PJとは

地質情報活用プロジェクトとは、茨城大学で地質学を専攻する学生によるプロジェクトです。プロジェクトでは、地質の見所をまとめた地質観光まっぷの製作や、その見所をプロジェクトメンバーが実際にご案内するジオツアーを行うなど、ジオツーリズムによる地域振興を目指しています。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブログのQRコード

カウンター

Copyright ©  -- プロジェクトの活動報告・イベント案内など --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ