忍者ブログ

プロジェクトの活動報告・イベント案内など

茨城大学地質情報活用プロジェクトのブログ

東海村エンジョイサマースクール

こんにちは♬
今回はメンバーが参加した東海村エンジョイサマースクールについて報告したいと思います。
<エンジョイサマースクールとは?>
東海村では村内の小学生向けに「エンジョイサマースクール」というものが開催されます。目的は夏休み期間中に様々な講座やイベントに参加して、地域を知って東海村のすばらしさをもっと感じようということだそうです。
今年はエンジョイサマースクール2019の講座の1つとして当日は、茨城県北ジオパーク構想ジオネットひたちなか・東海・水戸・大洗のIPの方々が「キッチン火山大実験」というテーマで講座を実施し、メンバーも講座のお手伝いをしました。


まずは、火山の話から始まりました。IPの方がクイズなどを交えて小学生にも分かりやすいように説明していました。事前に付箋に火山と聞いて思いつくことを書き出してもらいました。

実際に火山の周辺で見られる岩石に触ってもらいました。



次にお麩を細かくして火山灰にみたて噴火実験をしました。噴火実験には風を再現するために
扇風機を使用し、噴火は空気ポンプを使って下から圧力をかけます。




次にメントスコーラ噴火実験です。
参加したみなさんにも楽しんで実験してくれたので良かったと思います。
 


最後に野外で畑の土の観察をし、火山灰が飛んできたことでできたローム層や黒ぼく土がおいしい干し芋をつくるために重要であることなどを説明する予定でしたが、当日は猛暑で残念ながら屋外はあきらめましたが、スタッフで近くの古墳群を訪れました 。



プロジェクトでも今後主体的に楽しんでもらえるようなイベントなども開催出来たらと考えています♬
PR

7/27茨城大学オープンキャンパスで開催した「ジオパーク企画展」について

関東は梅雨明けが発表されてから暑い日が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

さて、プロジェクトの2019年上半期の活動も終盤になってまいりました。
今回は、7/27に開催された茨城大学オープンキャンパスでの「ジオパーク企画展」
についてお伝えしたいと思います。




昨年も「ジオパーク企画展」をオープンキャンパスで開催しましたが、あいにくの台風のため、
訪れる方が非常に少なかったので、今年もどうなるのか心配していましたが、今年は台風の
直撃は免れました。





当日は予想より多くの方々にお越しいただきました。
高校生からご年配の方まで幅広い年齢層の方々が訪れていました。



<展示内容>
・県北ジオパーク構想についてのパネルやポスター
・プロジェクトのこれまでの活動内容や活動の様子
・ジオパークマガジン
・ジオサイトマップ
など





ジオパークについて知らなかった方、プロジェクトの活動について興味を持ってくれた方も
いたため、企画展の開催の意義は十分にあったと感じました。

8/3には東海村の小学生向けに開催する「キッチン火山大実験」のお手伝いに行きます。
ブログでも後日その様子をお伝えしようと思います。

東海村サマーエンジョイスクールの下見

こんにちは.梅雨入りとなり,気持ち的にも晴れない日々が多いですが,皆さんいかがお過ごしでしょうか?emoji

今更ですが,令和初の投稿となります.

先日は,8月に行われる 東海村サマーエンジョイスクール の下見をしに,東海村の真崎コミュニティセンターに行ってまいりました.

このスクールで私たちが行う企画は『キッチン火山学』です.


キッチン火山学とは・・・?
秋田大学の林 信太郎教授によって発案された,様々な火山の現象を身近にある食べ物で再現する実験のこと.
火山の現象をわかりやすく説明することができるだけでなく,実験後においしくいただくこともできるのがこの実験の大きな魅力である

会場の下見や打ち合わせを行い,当日の流れを確認した後,実際に当日やる実験の1つを試しに行いました.

行ったのは,お菓子と炭酸飲料を用いた火山の噴火についての実験です.いわゆる『メントスコーラ』です.

まず,紐でつないだ小さなネットに入れたメントスをコーラの中に沈まないようにセットします.(キャップには小さな穴があいており,紐を離すとメントスがコーラの中に沈んでいく仕組みとなっています.)



キャップを閉め,紐を離すと...



キャップの穴から勢いよくコーラが噴出しました!筆者は実際に見たのは初めてだったので,かなりびっくりしてしまいました...

この噴出は,メントスを入れることで泡が大量に発生し,中で高くなった圧力が急に低くなることによって中身が飛び出しています.この仕組みは火山の噴火にも当てはまります.(ここではペットボトルが火山体,コーラがマグマの役割を果たしています)このようにして身の回りにあるもので実験できるのがキッチン火山学の大きな魅力なのです.

また,今回は実験できませんでしたが,以下の実験の予行も行いました.

この写真は,シリアルを袋に入れて粉々に砕いているところです.これを用いて火山の何を再現するのか...それは当日の報告でお知らせいたします.

キッチンにあるもので実験でき,しかもその後おいしくいただくことができるキッチン火山学.

みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

ブログ、ホームページ、twitterなども今後も更新していきます。また、何かご意見、ご要望がありましたら、ブログのコメントやtwitterでお願いします!

近況の活動報告


皆様、いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりのブログの更新となってしまい申し訳ありません。

さて、4月になり、新元号「令和」が発表され、5月から新元号になりますね。
プロジェクトも4月から忙しくなりそうです。新1年生も入学してくるので楽しみですね。ぜひ、このプロジェクトに入ってもらいたいと思っています。

最近の活動としては、一部のジオサイトマップを「東京地図研究社」さんと2年前に卒業された先輩とプロジェクトの指導教員のご協力のもと、新しい水戸・千波湖ジオサイトマップを作製しまた。その他のジオサイトマップに関しても、今後様々な修正をしていこうと考えています。


ブログ、ホームページ、twitterなども今後も更新していきます。また、何かご意見、ご要望がありましたら、ブログのコメントやtwitterでお願いします!

プロジェクトの近況報告

みなさま, いかがお過ごしでしょうか。

1月もあと数日で終わり、2月になります。

さて、2019年に入り、去年まで4年生が中心となり活動したプロジェクトも3年生に引き継ぎました。プロジェクトのホームページやブログ、Twitterを積極的に使用し、様々な活動を報告していこうと思います。

現在は3年生 2人、2年生9人、1年生3人で主に活動しています。また、4年生や院生の方々にも時折、助言をいただきながら活動しています。

茨城県北ジオパークは、現在ジオパークの認定取り消しの状態ではありますが、2019年もジオパークの再認定に向けて、様々な活動をしていきたいと考えています。

役割を引き継いでまだ1か月ですが、今後の様々な活動に期待していただければと思います。

地質情報活用PJとは

地質情報活用プロジェクトとは、茨城大学で地質学を専攻する学生によるプロジェクトです。プロジェクトでは、地質の見所をまとめた地質観光まっぷの製作や、その見所をプロジェクトメンバーが実際にご案内するジオツアーを行うなど、ジオツーリズムによる地域振興を目指しています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

ブログのQRコード

カウンター

最新コメント

[05/23 ジオ子]
[08/27 Geo-mania]
[08/25 Geo-mania]
[06/27 うちこし さかえ]
[06/23 うちこし さかえ]

最新コメント

[05/23 ジオ子]
[08/27 Geo-mania]
[08/25 Geo-mania]
[06/27 うちこし さかえ]
[06/23 うちこし さかえ]
Copyright ©  -- プロジェクトの活動報告・イベント案内など --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ