忍者ブログ

プロジェクトの活動報告・イベント案内など

茨城大学地質情報活用プロジェクトのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インタープリター講習会

お久しぶりです、プロジェクトリーダーの花川です。今回は11/5に行われた茨城県北ジオパークインタープリター講習会(二日目)のお話です。
 
と、本題に入る前に、皆さんはインタープリターとはなにかご存知ですか?インタープリターを日本語に直訳すると「解釈する者」となります。ジオパークにおけるインタープリターとは、難解な地学の現象を一般の方に分かりやすいように翻訳する「地質翻訳者」のことを指します。茨城県北ジオパークでは日本ジオパークに認定される前からおよそ年に一回、茨城県北ジオパークインタープリターを養成するための講習会を開いています。
 
今回の講習会では茨城県の動植物や文化について茨城大学の教授や五浦美術文化研究所の方々からお話を伺いました。
それぞれの詳しい内容の紹介は省略しますが、茨城に発達する落葉広葉樹林と常緑広葉樹林や県内の希少な動物たち、そして茨城が誇る芸術家岡倉天心が五浦を生涯の地と定めた理由など多くのことを学びました。茨城を知るって面白い!
 
この講習会の翌日には実際に袋田と竜神峡でジオツアーを行いました。そのお話は次の記事で紹介致します。
 
 
(花川)
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

地質情報活用PJとは

地質情報活用プロジェクトとは、茨城大学で地質学を専攻する学生によるプロジェクトです。プロジェクトでは、地質の見所をまとめた地質観光まっぷの製作や、その見所をプロジェクトメンバーが実際にご案内するジオツアーを行うなど、ジオツーリズムによる地域振興を目指しています。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブログのQRコード

カウンター

Copyright ©  -- プロジェクトの活動報告・イベント案内など --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ