忍者ブログ

プロジェクトの活動報告・イベント案内など

茨城大学地質情報活用プロジェクトのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

袋田の滝、凍結!

日本三名瀑の1つである「袋田の滝」は冬のうち、厳しい冷え込みが続くと凍り始め、数年に一度は完全に凍結します。厚い氷が張ると、ロッククライミングならぬ、アイスクライミングが行われるほどです。最近では4年前に完全凍結しました。

・・・ということらしいのですが、水戸に来て6年目にもかかわらず、僕は未だ凍結した袋田の滝を見たことがありませんでした。そんななか、袋田の滝がある大子町の最低気温が、昨日、今日とマイナス8度となったので、これは氷瀑が見られるかもしれない!ということで見に行ってきました!

水戸から車で118号線を北上し、1時間半ほどで大子町に着きますが、やはりそれでも冷え込みはより強く感じます。

有料駐車場から袋田の滝に向かう途中の川も凍っています。
P1150016.JPG

そしてトンネルを抜けて観瀑台に到着です!
P1150017.JPG
おお・・・!凍っている!!

8割くらいでしょうか?完全凍結とはなりませんでしたが、それでも普段の袋田の滝と比べて明らかに異なる景色、存在感です。なんか感動してしまいました。

P1150025.JPG
この写真は、エレベーターに乗って上がった新観瀑台から。滝の1段目はほとんど凍結しているように見えます。2段目から3段目に落ちる3筋の流れの内、左2本は凍結していて、水が流れているのは右側の一部のみです。

P1150038.JPG
この写真は滝の下流の吊り橋の手前から。この時期は夜のライトアップが行われます。左上に、2枚目の写真を撮影した観瀑台が見えています。夜に来ても綺麗そうです。

水戸に帰る前に、奥久慈しゃもを使った弁当を買ってきました!水郡線常陸大子駅のすぐ近くにある玉屋旅館の「奥久慈しゃも弁当」(¥950)です。しゃも肉、たまご、ゴボウ、漬け物と、シンプルですが大満足の弁当でした!
P1150047.JPG

袋田の滝、大子町を満喫してしまいました。袋田の滝を訪れた西行法師は、春夏秋冬どの季節もすばらしいと語ったそうですが、まさにその通りです。

皆さんも大子町の最低気温を確認して、氷瀑を見に行ってみてはいかがでしょうか?その際には、地質観光まっぷをお忘れなく!
(伊藤)

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

袋田の滝が凍りました。 が・・・

15日~18日、四日間連続で久慈川のシガ(流氷現象)が見られました。
滝も17~18日には、ほぼ全面氷結し、アイスクライミングが見られたそうですよ。
そのあと、寒気がゆるんでだいぶ解けてしまいましたが、
今月末にはまた寒波がきそうなので、朝のうちなら氷瀑の雰囲気が味わえそうです。
  • from 袋田の住職 :
  • URL :
  • 2010/01/24 (22:32) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

地質情報活用PJとは

地質情報活用プロジェクトとは、茨城大学で地質学を専攻する学生によるプロジェクトです。プロジェクトでは、地質の見所をまとめた地質観光まっぷの製作や、その見所をプロジェクトメンバーが実際にご案内するジオツアーを行うなど、ジオツーリズムによる地域振興を目指しています。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブログのQRコード

カウンター

Copyright ©  -- プロジェクトの活動報告・イベント案内など --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ