忍者ブログ

プロジェクトの活動報告・イベント案内など

茨城大学地質情報活用プロジェクトのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「湖ふぐ」って何?

先日、日経新聞に霞ケ浦に関する面白い記事が載っていました。


養殖ナマズ「湖ふぐ」・・・


ナマズなのにふぐ?
ということで読むと、つまりこういうことだそうです。

2000年頃にナマズを食べる習慣のある地域向けに、食用にアメリカナマズの養殖を始めたそうです。ところが台風のときに逃げ出し、霞ケ浦で繁殖、そして在来魚に被害が・・・。

増えすぎたナマズをどうにかしようと考えた結果、「食べよう」となったみたいです。で、ナマズだと名前で嫌がる人もいるから「湖(かわ)ふぐ」という愛称も付けて。評判は上々のようですね。


そういえば地質観光まっぷの配布にご協力頂いたあたりや食堂さんにも、ナマズをつかったメニューがありました。

あたりや食堂さんでは、霞ケ浦で採れるワカサギをつかったメニューなど、霞ケ浦の幸を堪能できますよ。

あたりや食堂さん↓
CIMG7754.JPG

霞ケ浦周辺を訪れた際には、ぜひ「湖ふぐ」を食べてみては?
(伊藤)


PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

地質情報活用PJとは

地質情報活用プロジェクトとは、茨城大学で地質学を専攻する学生によるプロジェクトです。プロジェクトでは、地質の見所をまとめた地質観光まっぷの製作や、その見所をプロジェクトメンバーが実際にご案内するジオツアーを行うなど、ジオツーリズムによる地域振興を目指しています。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

ブログのQRコード

カウンター

Copyright ©  -- プロジェクトの活動報告・イベント案内など --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ